株式会社ソーケンアービック

Home > 建物 > 株式会社ソーケンアービック

千葉・茨城県の注文住宅は 自然素材と外断熱の株式会社ソーケンアービック

住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

機械の冷暖房ばかりに頼らず、自然の中にある太陽熱や地熱を利用して、住まい手の健康と地球環境にやさしい自然素材の省エネ一戸建て注文住宅を、千葉県我孫子市から千葉北西部や茨城南部を中心に発信しています。

品質の良い自然素材をたっぷりと使った、千葉の注文住宅を建築してもらうつもりで、ソーケンアービックに相談をしていました。 しかしスタッフとの相談を重ねているうちに、ただ木材だけを使った住宅を作り上げるよりも、木材と相性の良いレンガを使った住宅デザインも目指したくなってきました。 ソーケンアービックはレンガを使った住宅の作り方も上手くて、照明器具の配置にこだわりながら、レンガと木材を美しく見せる工夫を凝らしてくれるところが助かります。 風が通り抜ける角度なども計算に入れながら、窓の配置を決めてくれたおかげで、とても風通しの良い空間も作る事ができました。 レンガの隙間に電力ケーブルを通して、レンガから照明器具が飛び出ているようなデザインにする事もできたりと、独特な住宅デザインを完成させる事も可能です。 暖炉をイメージした囲いを作ってもらい、そこに間接照明を配置する事によって、温かみのある光が室内全体を照らしてくれるようになりました。 こんなに独創性の溢れる注文住宅を完成させる事ができたのも、ソーケンアービックのスタッフが親身になって相談に乗ってくれたおかげです。 レンガの耐久性に関する質問なども細かく答えてくれて、耐震性能にも満足できるマイホームを作る事ができました。

注目キーワード

中古住宅
使用した住宅
住宅地
土地、宅地の利用区分の1つで主に住居を建設することを目的とした土地。日本の場合、農村部の農家集落地などを除き、ほとんどが都市計画法によって第一種住居地域などの住居地域の用途地域に指定されている場所にあ......