センチュリー21 株式会社リブレット

Home > 建物 > センチュリー21 株式会社リブレット

自由が丘の賃貸マンションならセンチュリー21リブレット

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

自由が丘で賃貸マンションを探すなら、センチュリー21リブレットへ。自由が丘に密着したサービスを目指しています。英語が話せるスタッフもいるので、外国人の方の来店もお待ちしております。自由が丘の賃貸のお部屋探しはセンチュリー21リブレットへお任せ下さい!

東京に引越しをしたときには普通のワンルームに住んでいたのですが、アパレル業界での経験も数年になり、自分の住みたい地域に住むことを考えはじめました。第一候補は自由が丘です。お洒落で落ち着いた雰囲気が好きで、休みの日にはよく自由が丘で買い物もしました。 住みたいけど、家賃は高くなるかもしれないなーと思いながら、まずはセンチュリー21リブレットというサイトでお部屋を見ることにしました。思っていたよりも、家賃はそれほどでもなくこれなら住めるかもしれないと思い、実店舗に向かうことにしました。 できればデザイナーズマンションのようなお洒落な賃貸物件がよくて、あとはペットが可能なのかも気になっていました。他の部分の条件はあまり明確に考えていなかったのですが、スタッフの方が親身に聞いてくれて、話しながら自分の望む条件が明確になってきました。 結局、自由が丘駅から徒歩10分程度のワンルームのマンションにしました。解放感のある部屋で、内見のときにこの部屋にしたいなと感じました。 センチュリー21リブレットさんは自由が丘の物件にとても詳しくて、候補の賃貸物件をいくつか見ることもできたので、お部屋探し自体も楽しめることができました。

注目キーワード

東急不動産だまし売り裁判
林田力が東急不動産消費者契約法違反訴訟を描いたノンフィクション。正式タイトルは『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』である。2009年7月1日にロゴス社から刊行した。不利益事実を説明されずに東急不動産...
不動産取得税
不動産の取得に対して課せられる税。普通税、道府県税に分類される。