ALFフランス語学校

Home > 習い事 > ALFフランス語学校

ALFフランス語学校|東京都内で学ぶフランス語会話・文法の教室

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都内でフランス語会話・文法を学ぶなら、ALFフランス語学校。都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分、JR京浜東北線・山手線 浜松町駅から徒歩4分。一人ひとりのニーズに合わせたレッスン形式でフランス語がしっかりと身に付きます。

昔から日本語以外を話せるようになりたいと思い、大学ではフランス語の講義を受けたものの、会話ができるレベルに至らないまま30代に突入していました。ですが、時間的に余裕が出来たので、フランス語が学べる学校に行ってみることに決めました。いろいろな学校をリサーチしてから決めたのですが、まずこの学校の良いと思った点は、グループで学ぶか個人かで学ぶかを選べるだけなく、レベルも選択できること、さらにグループといっても最大五人と決まっていることです。私は、グループで学びたかったので、グループでの受講をしましたが、本当に良い学校だと思えました。まず先生に熱意があり、しっかりと教えてもらっていると思いましたし、レベルごとのグループなので、例えばほかの生徒が間違ったときには、自分も将来的に同じような間違いをするのかもしれないと、とても勉強になるのです。また同じレベルだからこそ、次に目指すものが同じという仲間を作ることができ、一層フランス語を習得したいというモチベーションが上がりました。さらに私が目指しているのは、一番に会話力だったので、この学校の授業は会話を重視し、会話中心に授業が行われるところが自分にとても合っていました。

注目キーワード

実用フランス語技能検定試験
通称、「仏検」と略される。 文部科学省に認定を受けている国内唯一のフランス語検定試験。 フランス大使館後援によりフランス語教育振興協会が実施している。 1981年に開始され、毎年6月と11月の二回実施され、フ...
ラジオフランス語講座
NHKラジオ第2放送で放送されているフランス語の講座。 放送時間は月曜から土曜の午前7:25〜7:45、再放送が同日の午後1:20〜1:40。 月曜から木曜が入門編で、初級者を対象としつつも、上級者にも役立つ内容と...