スタジオハーブ

Home > ワーク > スタジオハーブ

撮影ハウススタジオを都内でお探しなら『スタジオハーブ』

写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

都内の撮影ハウススタジオSTUDIO HERB。銀座から30分、綺麗な部屋、テラスから差し込むたっぷりの自然光はモデル撮影に最適です。雰囲気作りに欠かせないアンティーク家具やビンテージ小道具なども無料レンタル。駐車3台OK。総面積100坪。

私は趣味でロリータ系のコスプレを楽しんでいて、仲間と合流して写真撮影を行っています。都内に住んでいるので、撮影ハウススタジオは数多くありますが、いくつか使った中でお気に入り場所があり、おすすめしたいです。 江戸川区にある「スタジオハーブ」がイメージにピッタリで、こちらは南仏プロヴァンスをモチーフにしていて、内装は白色をベースに、ナチュラルウッドのフローリングが素敵です。アンティーク調となっているので雰囲気があり、ロリータ系の撮影には最適です。 使い勝手の良さの一つが家具や小道具を合わせて常時100点ほど用意してあり、自由に使って良いのでロケーションにこだわれます。動きのある絵が撮れるのが嬉しく、何度利用しても毎回違ったイメージで撮影することが可能です。天井が高く、自然光が入ってくるのも魅力があって、他のスタジオとは異なるイメージになります。また空調がしっかりとしているのもポイントが高く、衣装を着て不快感がありません。夏は涼しく、冬は暖かいというように温度調整がされていますので、最適な環境で撮影できます。 スタッフさんも親切で、説明やサポートが丁寧です。安心して使えるスタジオでお気に入りになっています。

注目キーワード

写真
光学的方法で感光材料面に写しとった物体の映像。一般には物体からの光を写真レンズで集めてフィルム・乾板などに結像させ、これを現像液で処理して陰画とし、印画紙などに焼き付けて陽画を作る。 日本では1857年に...
写真整理
写真を時系列またはカテゴリー別で整理すること