浪貝畳店

Home > リビング > 浪貝畳店

世田谷区の畳張替えなら浪貝畳店|畳の新調、リフォームなどもご相談下さい

畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

畳張替えを以前からしたいと考えていて、お金が用意できたので業者に依頼しました。 依頼をしたのは世田谷区の業者でしたが、利用者の評判が良かったので選びました。 畳の張替えは以前やったことがありましたけど、かなり前だったので詳しいことは忘れていました。 そのためどうなるのか不安もありましたが、業者の説明が分かりやすく安心して仕事を任せられました。 世田谷区の業者に頼むときは、最初に畳の状態を確認してもらいました。 そこでいろいろな話を聞いたのですけど、おかげでどういう状態にあるのかがよく分かりました。 畳の状態を確認してもらったので作業を頼みましたが、依頼をする時の費用も安く助かりました。 張替えの作業はそれほど時間はかからず、依頼をしてからすぐに終わったので負担はありませんでした。 もっと時間がかかると考えていたのですが、短時間で作業が終わったので問題なくすみました。 世田谷区の業者には仕事が終わった後で、最初の見積もりどおりの金額を支払いました。 こういう業者は後から追加料金を請求することがありますが、見積もりと同じの金額ですみました。 張替えをした畳は新品のようにきれいなので、部屋の雰囲気も良くなって家族も喜んでいます。

注目キーワード

折り畳み自転車
自転車を構成する部分を分割あるいは折り畳み可能な構造にすることにより持ち運びや収納に適する特性を有する自転車。 フォールディングバイクとも呼ばれています。
千畳敷
JR五能線: 大戸瀬駅 - 千畳敷駅 - 北金ヶ沢駅 駅名コード: 2385 数百人の宴会を海浜に催す事が出来るほどのお座敷のようだということから、「千畳敷」と名付けられたという。