田中写真店

Home > ワーク > 田中写真店

入間市のフォトスタジオで七五三写真、証明写真などの撮影は田中写真店 |

写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

こどもの成長は早いもので、ついこの間生まれたかと思えばもう七五三です。うちでのスナップ写真はたくさん撮ってありますが、何かの記念日には必ず写真館で、思い出に残る写真を撮ってもらうことにしています。自分が大人になってから小さいころの写真を見たとき、かわいい頃の自分が思い出として残っているのはうれしかったものです。こどもにも同様、今しか撮れない七五三写真や、これから進む小学校や中学校の入学式にも、その日の顔を残してあげたいと思っています。 改まって写真館での撮影となると、緊張してしまうのか表情がかたくなってしまいがちです。入間の写真館では、いつもの表情を引き出すために、撮影前にリラックスできるように表情を和らげてくれます。ガチガチの表情も後になれば面白い話題になりそうなので、どちらの雰囲気も残しておくことにしました。 こどもが生まれたばかりの頃から、家の中でも外でも写真を撮りまくっていますが、どの写真もかわいいもので、どんな大人になるのか、思いを巡らしながら楽しんでいるのが親なのかな?と、かなり「親ばか」な感じはしています。 七五三写真から成人式まで、節目には必ず記念の写真を残してあげたいものです。