mormor

Home > サービス業界 > mormor

東京でベビーシッターならモルモル

赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京でベビーシッターサービスを提供しているmormor モルモルのホームページです。気軽でシンプルなベビーシッターサービスが1時間1900円から。リフレッシュ利用も大歓迎、働くママの仕事と子育ての両立を応援しています。

私は妊娠中に上の子の育児補助としてベビーシッターをお願いしていました。下の子の妊娠後期に切迫早産になってしまい、1か月以上入院することになりました。当時上の子は保育園に通っていましたが、夫の仕事が保育園のお迎え時間に間に合わないことが多いため、お迎えと夫が帰るまでの自宅待機をベビーシッターさんをお願いしていました。 うちの夫は神経質なので、あまり家の中を家族以外の人にいじられたくないタイプなのですが、お願いしたベビーシッターさんは育児のみを扱い、家事はやらない方針のところだったので却ってその距離感がちょうどよかったようです。 東京都内なので費用も高いかなと覚悟していたのですが、シンプルな業務内容にしてリーズナブルな価格設定をしてくれているので思ったよりも費用がかさまず助かりました。 また、私たちの住む区では子育て応援事業としてベビーシッター費用の助成金が受けられるので、それも利用することができ、お得にお願いすることができました。 今は私は育休中ですが、仕事復帰したらまたベビーシッターさんをお願いすることも出てくると思います。うちのように近くに頼れる親族がいない家庭にとって、シッターさんは非常に心強い味方です。

注目キーワード

赤ちゃん返り
赤ちゃん泥棒
Raising Arizona/1987年 asin:B0007WZTRK:detail