スタジオビーツ

Home > ワーク > スタジオビーツ

プロフィール写真撮影を東京・六本木で。完全予約制撮影スタジオビーツ

写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

プロフィール写真・オーディション写真撮影等を東京のスタジオでお探しなら、六本木駅5分のスタジオビーツ。完全予約制です。ご予約はお電話で。

私はミュージシャンをしているのですが、いつもオーディションのときの写真が気になっていました。 プロフィールに使う写真は重要で、良い印象を与えるためには綺麗に撮影する必要がありました。 見た目にあまり自信が無くて、証明写真で何回か撮影をしても、納得いくものではありませんでした。 専門のスタジオに撮影してもらおうと、東京にあるスタジオビーツに連絡をして写真撮影の依頼をしました。 事前に予約をする必要があったのですが、電話だけでなくインターネットからも予約ができたので、面倒な手続きもありませんでした。 スタジオに入ると最初にヘアメイクをしてくれて、髪の毛のスタイリングは10分程度だったのですが、見た目にも清潔感があって綺麗になっていました。 その後に撮影をしてもらったのですが、プロのカメラマンだったのでリラックスして撮影ができました。 どのようにすれば綺麗に映るのかもアドバイスしてくれたので、出来上がった写真も満足いく仕上がりでした。 その写真を使ったプロフィールを作ったのですが、今までのものとは大きく違って自分ではないような感覚でした。 ちょっとした光の加減なのですが、顔が明るく見えて表情も豊かになっていました。

注目キーワード

写真
光学的方法で感光材料面に写しとった物体の映像。一般には物体からの光を写真レンズで集めてフィルム・乾板などに結像させ、これを現像液で処理して陰画とし、印画紙などに焼き付けて陽画を作る。 日本では1857年に...
写真集
写真によって主要な内容が構成されている書籍のこと。 一般に英訳の際は、Photo Book と記載されることが多い。