京生麩のお店 愛麩

Home > リビング > 京生麩のお店 愛麩

京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

京都の名産おみやげには様々な物がありますが、京都みやげとしてまず挙げられるのが「八つ橋」ではないでしょうか。八つ橋と言うと一般的には生八つ橋を思い浮かべる方が多いですが、生八つ橋はもち生地で粒あんを挟んだものが一般的でニッキ味や抹茶味が人気が高いです。しかし、最近では定番のニッキ味や抹茶味だけではなく、季節に応じて秋なら栗、洋風なチョコなどといった新しいフレーバーのものも増えてきています。お店によって味も違うので、食べ比べしてみるのも面白いでしょう。八つ橋は生八つ橋だけではなく生地を焼き上げた堅焼き煎餅の一種のものもあります。京都のおみやげは生八つ橋も八つ橋もほぼ同程度の売り上げで、京都のおみやげ売り上げ全体の半数近くのパーセンテージを八つ橋類で占めているようにまさに京都を代表するおみやげとなっているのです。そもそもこの八つ橋ですが、歴史は古く江戸中期に聖護院の森の黒谷参道にあった茶店において出されたのが始まりとされています。なぜ八つ橋と言う名前になったのかは諸説あり、日本の伝統楽器である筝の形を模した事から筝の祖と呼ばれる八橋検校の名前から取ったとするものや、三河国八橋から取ったとされる説など様々です。京都のおみやげとしては他にも「京つけもの」があります。京つけものとは、京都で採れる京野菜を使用した漬け物で「千枚漬け」「しば漬け」「すぐき漬け」が京都三大漬け物として知られています。京都はその土壌の関係から非常に優れた野菜が収穫することができていて、その野菜を保存するために漬け物の技術が発達したと考えられているのですが、それぞれの漬け物の歴史は古く洛中に献上されていたものなど多数です。他にも金平糖や豆菓子など京都のおみやげは他ではなかなか買えないものが多数ありますので、観光を楽しむのと同様におみやげ選びでも楽しむ事が出来ます。食べ歩き出来るお店も多いので、様々な楽しみ方が出来るのではないでしょうか。

注目キーワード

日本料理アカデミー
(Japanese Culinary Academy、特定非営利活動法人日本料理アカデミー) 世界のシェフとの交流活動や、地域にねざした食育活動などを行うNPO法人。  2004年8月に日本料理の真の姿を国内・海外に発信すべく、京都...
日本料理
日本で独自に味付や調理法が発達した料理。一般には「和食」と呼ばれている。日本独自の料理であってもオムライスやハヤシライスなどの日本人の好みに合うように西洋料理をアレンジして生まれた「洋食」と呼ばれてい......