ボックキッチンカー

Home > 乗物業界 > ボックキッチンカー

移動販売車の製作専門|大阪のボックキッチンカー

自動車の関連情報

自動車(じどうしゃ、英: car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

移動販売車やキッチンカーを大阪の堺市で作っています、新車や中古車にシェルを乗せて内装、外装、設備、保健所、陸運局の対応と、オールインワンで承ります。食品やスイーツなど、移動販売車で起業や副業をされたい方はご相談ください。

営業をさせてもらえる場所によって多少異なる部分になりますが、自分の好きな時間に営業できるのが移動販売車の大きなメリットになります。イベント等の場合は、その場所の開催時間に合わせて営業をスタートしたり終了させなくてはならないので、多少時間を気にしなくてはなりませんが、そうでは無い場合は、自分の好きな時間に営業ができるので、時間に追われてしまう状況を避けることができます。また自分がまだまだ頑張れると考えた場合は、長く営業もできるので、非常に長い時間営業をしてたくさんの売り上げをたたき出している人もいます。店舗の場合は長い営業時間にしてしまうと、人件費がかかってしまうので、赤字が発生してしまう場合もあります。移動販売車の場合も同じなのではと考えてしまいますが、実際は移動販売車の方が長い時間営業するのに向いていると言えるでしょう。数人で移動販売車を行っている場合もありますが、中には1人で移動販売車を行っている場合もあります。数人で行っている場合は、人件費がかかってしまいますが、1人で行っている場合は人件費がかからないので、長く営業して少しでも売り上げを稼げるように行動ができます。大手のスーパーマーケットの場合や、駅の近くで営業させてもらう場合は、相手から何時から何時までの間に営業してほしいと言われる傾向があります。この場合はしっかりと守らないと、次回以降許可を出してもらえない可能性が出てきてしまうので、十分に気をつけるようにしましょう。 1日5時間程度で移動販売を終了させる人もいますし、1日10時間以上移動販売を行う人もいます。その人がどれだけ頑張れるかにもよって、多少営業時間が異なってきますが、最初のうちはなるべく長い時間営業を行った方が良いかもしれません。最初の段階でたくさんの人に自分の移動販売車の名前を知ってもらえれば、今後より多くの人に利用されるようになるので、非常にたくさんの売り上げを期待できる状況になります。

注目キーワード

軽自動車
日本独自の小さな自動車のカテゴリ。 他の先進国と違い、日本は電信柱など公道が狭いため生まれた。税金面などでの優遇措置がある。 軽自動車の規格が制定されたのは戦後すぐ。その後、法改正が幾度((最大排気量が...
自動車税
自動車の所有に対して課税される都道府県税で財産税の一種。道路を利用することに対して、その整備費などを応分に負担するというのが課税趣旨である。 軽自動車は別に軽自動車税というものが存在する。