コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

Home > 習い事 > コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

コミュニケーション能力向上、スクールなら日本コミュニケーショントレーナー協会

カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト。コミュニケーションの資格認定に無料で挑戦しよう!社会で求められているコミュニケーション能力向上を目的とした講座・セミナー・研修開催とスキルアップ・学び方・実践法の情報提供をしています。

コミュニケーション能力は、ビジネスにとっては必要不可欠のスキルとなります。この能力というのは、主に2つの能力の総合的なものになります。それは、伝える能力と受け取る能力の2つになります。どちらの能力も大事なものになりますので、どちらかが欠けていても駄目です。2つの能力を高めることこそが、コミュニケーション能力を高めることになるわけです。ビジネスにおいては、相手との信頼関係が成立しなければ商談はうまくいきません。そのためにも普段からコミュニケーション能力を高めるようにしなければいけません。ではどのようにそのコミュニケーション能力を高めていけば良いかですが、それは先ほども述べたように伝える能力と受け取る能力の2つを磨くことにあります。まずは伝える能力ですが、これは話し方の構成を意識してみることです。相手にどうしたらより理解してもらえるかを考えることが大事になってきます。そのためには先に目的や結論から話を始めるようにします。自分の意見や考え方をビジネスする相手に明確に伝えるためには、自分の気持ちが相手に誤解なく伝わることが重要となります。それができれば良好な関係を築くことができるようになります。良好な関係が築ければ、その後のコミュニケーションをさらに円滑に行うことができます。従って、ビジネスの相手にいかに分かりやすく話を伝えることを常に考えておくことが大切です。目的や結論から先に話をするように日頃から気を付けておくだけでも、伝える能力を高めていくことができます。次は受け取る能力を高める方法ですが、こちらは相手にきちんと話を聞いてもらっているというサインを明確に出すことです。これも日頃から気を付けていなければ意外とできない方もいらっしゃいます。コミュニケーションを円滑にしていくためには、相手に伝える能力だけではなく相手の意見や考えにも耳を傾けるいわば受け取る能力も必要になってきます。相手の意見や考えを真っ向から否定をしないで最後まで聞いたり話の途中で相槌を打ったりすることで、相手に話をきちんと聞いてくれていると思ってもらうことができます。

注目キーワード

カウンセリング教育サポートセンター
特定非営利活動法人(NPO法人)カウンセリング教育サポートセンター。 略称CESC(セスク)。 東京都港区。 前身の「東京カウンセリングスクール」は1962年設立。 NPO法人としての設立は2000年。 カウ...
カウンセリングマインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031